“きゅうそう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
鳩巣33.3%
九相11.1%
弓槍11.1%
急奏11.1%
旧窼11.1%
璆鏘11.1%
給桑11.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
久濶のあいさつが終って、世情のうわさから、新将軍吉宗の人となり、或いは、政治のこと、鳩巣徂徠学派の悪口など、それからそれへ話が熟したころに至って
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
九相は死人の変化道程を説いたもので、膨張相青瘀相、相、血塗相、膿瀾相、虫噉相、散相、骨相、土相をいうので、何も如何に喪を緩うしたとて
連環記 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
兵学の師、平田と、弓槍の師範役、市川大介とが、馬をお小屋のわきへ捨てて、駈け寄って来た。
新書太閤記:01 第一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「高俅。何事の急奏なるか」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この凡兆の句になりますと全然旧窼を脱した清新な句で、とても机上でこしらえあげた句でなく写生の句であります。
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
ただまのあたりに見れば、そこに詩も生き、歌もく。着想を紙に落さぬとも璆鏘胸裏る。丹青画架に向って塗抹せんでも五彩絢爛から心眼に映る。
草枕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
養蚕室にあてた例の薄暗い八畳で、給桑に働いていたお島は、甲高なその声を洩聞くと、胸がどきりとするようであった。お島はに六部のことを思出さずにいられなかった。
あらくれ (新字新仮名) / 徳田秋声(著)