“家鳩”の読み方と例文
読み方割合
いえばと100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「旦那様、お鈴様から御返事が……」と今も召使の東助爺が、柄の小さな家鳩にのせて、縁の端から一八郎の書屋いた。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
竹の中で家鳩という鳥が調子はずれに鳴くのを聞いて源氏は、あの某院でこの鳥の鳴いた時に夕顔のこわがった顔が今も可憐に思い出されてならない。
源氏物語:04 夕顔 (新字新仮名) / 紫式部(著)
私の家だけは早くこの形勢を察して、軒のに五つばかりの巣箱を作ってやったが、雀が家鳩になるのは困難だと見えて、その半分はまだ空屋のままである。