“跳:ふ” の例文
“跳:ふ”を含む作品の著者(上位)作品数
太安万侶1
稗田阿礼1
“跳:ふ”を含む作品のジャンル比率
歴史 > 日本史 > 日本史1.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
かれ御毛沼の命は、波の穗をみて、常世の國に渡りまし、稻氷の命は、ははの國として、海原に入りましき。