“紐短”の読み方と例文
読み方割合
ひもみじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
四季袋紐短かにげたるが、此方を見向ける素顔の色く、口のさで、やや裏寂くも花の咲過ぎたらんやうの蕭衰を帯びたれど、美目のたる色香尚濃にして
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)