“波羅葦増”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はらいそ66.7%
ハライソ33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
まずこの力を破らなければ、おお、南無大慈大悲の泥烏須如来! 邪宗惑溺した日本人は波羅葦増天界)の荘厳を拝する事も、永久にないかも存じません。
神神の微笑 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
伊留満喜三郎 (再び門扉に倚りたるが、突然声高に)波羅葦増ぢや、波羅葦増ぢや。
南蛮寺門前 (新字旧仮名) / 木下杢太郎(著)
ほのかに波羅葦増のゆめ。
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)