“岩盤”の読み方と例文
読み方割合
がんばん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
時には二十余丈の岩盤を掘り下げたり、或いは一水を得るために、千谿谷へ水汲みの決死隊を募って汲ませたこともある。
三国志:10 出師の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
鎌倉ると由比ヶ濱砂丘は、岩盤比較して四五倍いさにることもある。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
鉄のを持っている強力の機械人間が、もしあやまって、そのダイナマイトの箱をぽかんと一撃したら、たちまち大爆発が起こって、建物も人間も岩盤さえ吹きとんでしまうであろう。
超人間X号 (新字新仮名) / 海野十三(著)