“端目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はため50.0%
はめ50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
母親に叱られてばかりいるつつましい娘は、端目はためには、その羞恥はじらいが、なおさら美しく見えた。
梅里先生行状記 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
この横光氏が、日本というものについての複雑きわまる質問に、彼の標準による作家らしさ、手際よさで答えなければならない端目はめにおかれたのである。