“おちい”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:オチイ
語句割合
77.2%
8.2%
陥入4.3%
墜落2.2%
落入2.2%
落居1.1%
陥落1.1%
陷入0.5%
0.5%
0.5%
墜入0.5%
0.5%
0.5%
陥没0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それからこっちも、ときどき変な気持に襲われた。なんだか、五体がばらばらに裂けてしまうような実に不快な気持にったのだ。
脳の中の麗人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
それがぱく/\いたりぢたりするので、これにつた人畜えなくなり、びその姿すことは出來なかつた。
地震の話 (旧字旧仮名) / 今村明恒(著)
、今度、戻って来て、斉彬公の御意見と合せると——わしは、考えた。陥入ろうとする絶壁の手前で、成る程と、判った
南国太平記 (新字新仮名) / 直木三十五(著)
……実は私事情ござって当岩石ヶ城まで参りましたるところ、不届き至極の鬼王丸めが、聖徳隠れなきご老師に対し、無礼のみか迫害さえもし、城中混乱に墜落りたる次第を
蔦葛木曽棧 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
れよりりし生道心などならば、かへすがへすましきなり、一は不憫のことなり、中々高尚そこねて、魔道落入るは我々書生にもあるを
暁月夜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
少時思の道を絶ッてまじまじとしていてみるが、それではどうも大切な用事を仕懸けてめたようで心が落居ず、狼狽てまたお勢の事に立戻って悶え苦しむ。
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
のみならず、深いところへ陥落るやうな睡眠で、目が覚めた後は毎時頭が重かつた。其晩も矢張同じやうに、同じやうな仮寝から覚めて、暫時茫然として居たが、て我に帰つた頃は、もう遅かつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
上げれながら申上ます其儀は私し一向にえ御座りません然るに高田の役所に於て數度拷問骨々け苦痛に堪兼是非なく無實の罪に陷入りし所又々再應の御吟味に有難仕合せに存じ奉ります訴訟人憑司現在私しの伯父ゆゑ如何成前世の業因かと存じ斷念無實せしと申立ければ越前守殿是を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
天のせるひは猶去可し自からせる禍ひは可からずとは雖も爰に寶永七年九月廿一日北の町奉行中山出雲守殿の掛りにて奸賊村井長庵が惡計に陷入り遂には横難に罹り入牢し果は牢死に及びぬる彼道十郎は吉良家藩士なる岩瀬舍人とて御近習へ出仕し天晴武文も心懸有し者なりしが不※した事の譯柄にて今は浪人と
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
或る人々は、お転婆な娘だけが誘惑にり易い危険性をもつてゐて、おとなしく内輪な始終恥かしがつてひつこんでばかりゐるやうな娘にはさう云ふ危険性はないものゝやうに考へてゐます。
内気な娘とお転婆娘 (新字旧仮名) / 伊藤野枝(著)
佐藤一斎のいわゆる俗情にらざるこれをというと教えたのはこの点であって、如何に外部の圧迫が強くとも、己の心にとせざることに従わぬところを俗情にらずというのである。
自由の真髄 (新字新仮名) / 新渡戸稲造(著)
る時には今にも奈落の底へ墜入りますかと思う程の有様で、実に山三郎もももういかんと心得ましたから、只船舷って、船の沈んではならんと掻出すのみで
同道にて忠兵衞のに到り私しは赤坂表町家主長助と申す者なりと初對面の挨拶も段々と此お光よりまはりしに御自分事八ヶ年以前八月廿八日未明に平川天神御參詣の折節麹町三丁目町醫師村井長庵におなされしとの事道十郎殿の罪にりしも長庵は其不快にてり居り弟の見送にさへ出る事
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
君たちが昏睡にると、僕は君と恒子さんとをならばせ、それから、僕は恒子さんのわきに横になろうと思う。そうすれば僕と君とは恒子さんをはさんで死ぬことになるのだ。
ある自殺者の手記 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)
い小泉の家をえようとしている実が、幾度か同じ蹉跌を繰返して、その度に暗いところへ陥没って行く径路は、ありありと彼の胸に浮んで来た。
家:01 (上) (新字新仮名) / 島崎藤村(著)