“落:おちい” の例文
“落:おちい”を含む作品の著者(上位)作品数
小酒井不木1
“落:おちい”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
君たちが昏睡におちいると、僕は君と恒子さんとをならばせ、それから、僕は恒子さんのわきに横になろうと思う。そうすれば僕と君とは恒子さんをはさんで死ぬことになるのだ。
ある自殺者の手記 (新字新仮名) / 小酒井不木(著)