脳の中の麗人のうのなかのれいじん
奇異の患者 「ねえ、博士。宮川さんは、いよいよ明日、退院させるのでございますか」 「そうだ、明日退院だ。それがどうかしたというのかね、婦長」 「あんな状態で、退院させてもいいものでございましょうかしら」 「どうも仕方がないさ。いつまで病院に …
作品に特徴的な語句
はずか 出会しゅっかい なつか たし あが 博士せんせい ぬの しょう ことわ におい あた かたむ へこ うな ざか 婦長ふちょう 彷徨ほうこう あや えつ 愛想あいそう かた 落付おちつき 郷里きょうり あいだ いただ がお 下瞼したまぶた 久方ひさかた 予後よご 事柄ことがら 今日こんにち 仕打しうち うかが 佳人かじん にわか 傷痕きずあと わし もう 兇刃きょうじん 兇器きょうき まった 冷淡れいたん 切迫せっぱ にお 単衣ひとえ 取押とりおさ 口惜くや 吸殻すいがら しゃべ 嘘言うそ 境内けいだい 外傷がいしょう 奇異きい 奮然ふんぜん 妻子さいし 存知ぞんじ たず まぼろし 怯気おじけ おそ てい した 憂鬱ゆううつ 戦慄せんりつ 挨拶あいさつ 描写びょうしゃ かた 昂奮こうふん あば 権幕けんまく 横合よこあい 欠損けっそん 正気しょうき 毛髪もうはつ 気配けはい 治癒ちゆ とま どろ 浅草あさくさ 溜息ためいき 火傷やけど おおかみ 生憎あいにく 用達ようたし 町角まちかど あと なお 白粉おしろい 相場そうば 真青まっさお 硯箱すずりばこ やしろ 社殿しゃでん