“落:はま” の例文
“落:はま”を含む作品の著者(上位)作品数
織田作之助1
“落:はま”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
北向八幡の境内の蓮池にはまつた時に濡れた着物を干した銀杏いちやうの木であつたり、中寺町のお寺の境内の蝉の色を隠した松の老木であつたり
木の都 (新字旧仮名) / 織田作之助(著)