“うず”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ウズ
語句割合
53.4%
21.2%
18.3%
1.6%
0.9%
0.7%
巴渦0.3%
烏頭0.3%
0.3%
0.3%
髻華0.3%
渦流0.2%
0.2%
渦巻0.2%
0.2%
珍貴0.2%
疼痛0.2%
0.2%
0.2%
螺旋0.2%
0.2%
雲珠0.2%
鳥頭0.2%
0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「義さん」と呼吸せわしく、お香は一声呼びけて、巡査の胸にめわれをも人をも忘れしごとく、ひしとばかりにり着きぬ。
夜行巡査 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
半蔵や香蔵は平田篤胤没後の門人として、あの先輩から学び得た心を抱いて、互いに革新潮流のの中へ行こうとこころざしていた。
夜明け前:01 第一部上 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
離してみると、紙にんだ桃色の——人にきらわれる癆咳病みの血——。だが、彼女の目には若い血のきがそこへ出たかと見える。
鳴門秘帖:01 上方の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
しかるところ玉稿拝読致候御句の多き割合に佳句の少きは小生の遺憾とする所にして『日本』の俳句欄も投句のみを以て兼候場合も不少候。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
工場の中も荒れていて高く塵が積もっていたが打見たところ諸種の機械は各自その位置に在るらしかった。
物凄き人喰い花の怪 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
まず正に言あり、鬼は人の影なり、人は鬼の形なり、影と形と相る。人の寿は百有二十、鬼の寿はまた百有二十、五世してその主をめ、その諸、もって取るあり。
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
川ならば瀬が常にかわるように都会の繁華の巴渦もまた絶えず変って行っているのである。そこに渦が巻いているかと思うと、いつの間にかそれが別な方へと行っている。
日本橋附近 (新字新仮名) / 田山花袋(著)
彼はにかくの如きことをなせしや。彼はから曰く、「宿疴の胸腹に凝滞り、一円快愈のこれ無きの姿に付き、一旦烏頭大黄の激剤相施し申さず候えば、も功験得難く候」
吉田松陰 (新字新仮名) / 徳富蘇峰(著)
施与には違ひなけれど、変な事には「お禁厭をしてはされい。虫歯がいて堪へいでな。」と、成程左のがぷくりとうだばれたのを、堪難へて
伯爵の釵 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
くまっていた犬が吠え出した。壁から外した彼のレンコートを肩へ掛けて低い窓縁へ腰をのせる。煙草を噛んで口傍でマッチを擦った。脛を真すぐに伸ばして両足を重ねる。
歩む (新字新仮名) / 戸田豊子(著)
髻華に插せ一八。その子。 (歌謠番號三二)
渦流がよそほどはげしくないオッテルホルムやサンドフレーゼンの近くへ下って行って、を下ろすことにしていました。
私どもは船を詰め開き(11)にしましたが、少しも渦流を乗り切って進むことができません。
ただただをもってはよく穿らんことを思い、を持ってはよく削らんことを思う心のさは金にも銀にもえがたきを、わずかに残す便宜もなくていたずらに北邙の土に
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
あらゆる考えを吸い尽す情欲の渦巻。暗夜のうちに転々する陶酔せる世界の、狂暴無稽なる「法則」……。
午睡する人達もあわててとびき、への大騒ぎをじたのも道理、その来客すのは、あろう、皇子
この珍貴感覚を授け給う、限り知られぬみに充ちたよき人が、此世界の外に、居られたのである。郎女は、塗香をとり寄せて、まず髪に塗り、手に塗り、衣をるばかりに匂わした。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
しかも……呉青秀のこうした心理の裡面には、その永い間の禁慾生活によって鬱積、圧搾された性慾が、疼痛く程の強烈な刺戟を続けていたに違いないのだ。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
四月になったから大きな声をして時鳥がくというのは表面の意味で、そのうらには「き来て根太」——ねぶとは腫物——という滑稽が含まれています。
俳句とはどんなものか (新字新仮名) / 高浜虚子(著)
長次は後ろへ手を延ばして、用箪笥の抽斗から取り出したのは、二十五両包みの切餅が二十、高く畳の上に重ねて、鯛六の方へ押しやります。
そのときはもうまっ先の烏の大尉は、四へんほど空で螺旋を巻いてしまって雲の鼻っまで行って、そこからこんどはまっぐに向うのに進むところでした。
烏の北斗七星 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
壮大だと思った白河内岳も、ここから見ると、可愛そうなほど、低くなって、下にくまってしまった。
白峰山脈縦断記 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
んなで一要領ず、山頂では、かに埴輪破片雲珠鞆等)を見出したのみ、それで大發掘つた。
道庵は、たぶん田螺を干して粉末にしたのと、毒草鳥兜鳥頭だろうと申しますが、それを打ち明けると殺されるから、家へ帰って研究すると言って、首尾よく送り還されたそうでございます
この事件は、よほど頭をりさせて研究しないと、途中で飛んでもない錯覚に陥るれがあると云って警告しといたじゃないか……吾輩は姪の浜、浦山の祭神、権現御前にかけて誓う。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)