夜行巡査やこうじゅんさ
「こう爺さん、おめえどこだ」と職人体の壮佼は、そのかたわらなる車夫の老人に向かいて問い懸けたり。車夫の老人は年紀すでに五十を越えて、六十にも間はあらじと思わる。餓えてや弱々しき声のしかも寒さにおののきつつ、 「どうぞまっぴら御免なすって、向 …
作品に特徴的な語句
かの おり 謝罪わぶ 仕損しぞこな 歩行あゆむ わろ おり 立停りゅうてい とりひし がさね とく 這般このはん うずく こう くちなわ なら こうべ 退さが こた 夜深よふ 扮装みなり っか 心地ごこち ことば ちゅう さす 秒時セコンド 提灯ぢょうちん のが 闇夜やみ 暗夜あんや 片眼へんがん 退 かか 夜半よわ 股引ももひ むすめ わか 襤褸らんる いさぎよ きわ 藕糸ぐうし 稼人かせぎて のぼ こうべ 亀裂きれつ 何時なんどき 瞰下みお まなこ 盗人ぬすっと 痘痕とうこん 断念あきらめ はや かい ひま 危険けんのん 合点がってん 同一おんなじ おそ 狼狽うろた 普通なみ とっ 一個ひとり ぐるま 夫婦めおと なり せき あわれ 跫音きょうおん 巡査おまわり ひさし おとと あゆ 樹立こだ しん わか じょ 苦痛くるしみ なが つた ふた あお にな すさ 草鞋わらじ 縁女えんじょ すが つくろ