“不少”の読み方と例文
読み方割合
すくなからず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるところ玉稿拝読致候御句の多き割合に佳句の少きは小生の遺憾とする所にして『日本』の俳句欄も投句のみを以て兼候場合も不少候。
墨汁一滴 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
非合理の事にて文学的には面白き事不少候。生の写実と申すは、合理非合理事実非事実のにては無之候。油画師は必ず写生に依り候へども、それで神や妖怪やあられもなき事を面白く画き申候。
歌よみに与ふる書 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
非合理のことにて文学的には面白きこと不少候。生の写実と申すは合理非合理、事実非事実のにては無之候。油画師は必ず写生にり候えどもそれで神や妖怪やあられもなきことを面白く画き申候。
歌よみに与ふる書 (新字新仮名) / 正岡子規(著)