“髻華”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うず66.7%
ウズ33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髻華”を含む作品のジャンル比率
社会科学 > 風俗習慣・民俗学・民族学 > 衣食住の習俗10.0%
歴史 > 日本史 > 日本史1.1%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
赤糸の染分け房を髻華うずに揷す合歡の少女は常少女かも
長塚節歌集:2 中 (旧字旧仮名) / 長塚節(著)
髻華うずに插せ一八。その子。 (歌謠番號三二)
冠の巾子コジを止める髻華ウズは、後に簪となるのであるが、此はもと、かづらから固定して、此様な別な意味を持つ様になつたのであらうと思ふ。
はちまきの話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)