“髻偏雲乱挽”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
もとどりかたよりてくもみだれひく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“髻偏雲乱挽”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 日記 書簡 紀行0.2%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
320x100
他釵※玉斜横かのさはかくれてぎょくななめによこたわり髻偏雲乱挽もとどりかたよりてくもみだれひく日高猶自不明眸ひたこうしてなおおのずからめいばうならず暢好是懶懶ちょうこうこれらんらん半〓擡身はんしょうみをもたげ幾回掻耳いくかいみみをかき一声長歎いっせいちょうたんす。」と云うのも
上海游記 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)