“乱雲晦冥”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
らんうんかいめい100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乱雲晦冥”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
けれどその快晴をもたらしたものは、なんといっても自分の主人信長の力だったと思う。信長がなかったらなお乱雲晦冥らんうんかいめいの下に、多くの四民は、さる堂上の公卿くげが日記にも書いているように、
新書太閤記:06 第六分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)