“埋地”の読み方と例文
読み方割合
うめち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
にわかに、埋地の闇や水明りの船岸に、ワラワラと人影がうごき出す中を、一散に、船待小屋へ目がけてきたのは、竹屋三位卿。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
広い闇を抱えた埋地船岸には荷主や見送りの提灯がいッぱいだ。口々にいう話し声が、ひとつの騒音となってグワーと水にひびいている。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
天神の船待小屋までは、あのつづらに身をひそめていたが、じっと中から埋地の空気を察していると、どうやらそこの安全でないのを感じた。
鳴門秘帖:04 船路の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)