“橐駝師”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うえきや50.0%
うゑきや50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“橐駝師”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
まるで橐駝師うえきやでね、木鋏はさみは放しませんよ。ほほほほ。まだ菖蒲しょうぶには早いのですが、自慢の朝鮮柘榴ざくろが花盛りで、薔薇ばらもまだ残ってますからどうかおほめに来てくださいまして、ね、くれぐれ申しましたよ。ほほほほ。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
昔わざ/\都の橐駝師うゑきやを連れて來て造らせたといふ遠州流ゑんしうりう前栽せんざいも殘らず草にうづもれて、大きな石の頭だけがニヨキツと見えてゐた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)
土地の橐駝師うゑきやが昔の名匠の苦心を雜草の中に學ばうとして、新らしい草鞋わらぢを朝露にじと/\させながら、埋れた泉石せんせきを探り歩いてゐることもあつた。
天満宮 (旧字旧仮名) / 上司小剣(著)