“人心恟々”の読み方と例文
読み方割合
じんしんきょうきょう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いかに人心恟々たる幕末の時代とはいえ、そう容易く末梢神経を刺激すべきものではないはずなのが、この際、かくも人心を騒がしているには、必ずしも根拠がないとはいえない、否
大菩薩峠:38 農奴の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)