“天地開闢”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
てんちかいびゃく50.0%
てんちかいびやく50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかるにこのパラドックスを道破した者は天地開闢以来吾輩のみであろうと考えると、自分ながら満更な猫でもないと云う虚栄心も出るから、是非共ここにその理由を申し上げて
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
天地開闢の昔以来、大理石の塊の中に眠つてゐた、何とも得体の知れぬ人間がやつと目をさましたと言ふ代物であります。
文芸鑑賞講座 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)