“天地間”の読み方と例文
読み方割合
てんちかん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうだぜ——吾輩は美学を専攻するつもりだから天地間の面白い出来事はなるべく写生しておいて将来の参考に供さなければならん、気の毒だの
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
天地間かず。らく絶頂つてた。このもなければ失戀もない、たゞ悽愴えず、我生孤獨かざるをなかつた。
湯ヶ原より (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
天地間の千りの勇士だというに、どうしてをしているのです。