“開墾地”の読み方と例文
読み方割合
かいこんち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おつぎは自分毎日つてたので開墾地からんだつてる。おつぎはりでした。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
トラックは開墾地の間を縫っている曲折の多い山道を濛々たる土煙をあげよたよたと走った。この辺は佐原山の頂上であって、数年前までは笹や灌木などの密生した全くの荒蕪地であったのである。
糞尿譚 (新字新仮名) / 火野葦平(著)
われらは、ともすると、つてるゝ……三本木は、柳田国男さんの雑誌——(郷土研究)と、くまた(郷土会記録)とにへられた、伝説をさながら事実奇蹟的開墾地である。
十和田湖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)