“撥上”の読み方と例文
読み方割合
はねあ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つた麥藁帽子が、一所に、プンとつて、になつて撥上がる。……もう、やけになつて、きしきる合方に、夜行百鬼跳梁跋扈光景で。
十六夜 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)