“あつら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
97.6%
0.7%
0.7%
彼等0.3%
0.3%
0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
今日は気も晴々として、散歩にはえ向きというよい天気ですなア。お父様は先刻どこへかお出かけでしたな。といつもの調子軽し。
書記官 (新字新仮名) / 川上眉山(著)
生玉子を割って、つは吸ものにし、且つはおじやと言う、上等のライスカレエを手鍋でえる。……腹ぐあいの悪い時だし、秋雨もこう毎日降続いて、そぞろ寒い晩にはこれが何より甘味い。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
私のはえてえて飛切りの緋縮緬さ、三両二分とかかったよ、自慢じゃ無いが、私ほどの綺麗な肌を、ゴツゴツの木綿で包まれるとお思いかえ、——さア、裸に剥いておくれ
礫心中 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)
でがすから、わしがに相違ありあんせん、彼等がなんなに出來つこねえんですから、それ證據にや屹度自分のがなでもつちやねえからさつせ
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
葉子は手提のなかから、ペンとノオトの紙片を取り出して、三四品えの料理を書いて女中に渡した。
仮装人物 (新字新仮名) / 徳田秋声(著)
幸い月は隠れて、冷々とをこめた冷たい闇は、忍ぶ者にはえたような晩です。
十字架観音 (新字新仮名) / 野村胡堂(著)