“あつらえ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
86.7%
6.7%
酒肴6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
自分達が立ったかわは、かえってこっちの山の裾が水に迫って、ちょうど切穴の形になって、そこへこの石をめたようなあつらえ
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
クションは、あの二人ずつ腰を掛けるあつらえので、私は肥満でっぷりした大柄の、洋服着た紳士のわき、内側へ、どうやら腰が掛けられました。
甲乙 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
あつらえが註文にはまった。
唄立山心中一曲 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「善さんだッてお客様ですよ。さッきからお酒肴あつらえが来てるんじゃありませんか」
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)