“あつらい”の漢字の書き方と例文
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
夕立が手引をした此夜の出来事が、全く伝統的に、おあつらい通りであったのを、わたくしは却て面白く思い、実はそれが書いて見たいために、この一篇に筆を執り初めたわけである。
濹東綺譚 (新字新仮名) / 永井荷風(著)