“ガマ”の漢字の書き方と例文
ひらがな:がま
語句割合
100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
殿・あしゃげと区別のない建て物か、又建て物なしに必拝む場処がある。其が海中である事も、道傍の塚である事も、崖のガマである事もある。総称してをがんといふ。拝所即をがみである。
琉球の宗教 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
又、那覇由来記にある「いべがま」は墓であつて、ガマではない。
日琉語族論 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)