“くつ”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:クツ
語句割合
41.6%
28.1%
10.9%
6.5%
3.3%
2.6%
1.6%
0.9%
0.9%
0.7%
0.5%
木履0.5%
僧鞋0.2%
0.2%
0.2%
繍鞋児0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
馬蹄0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
あなた方の夏の衣服がすってんてんになって、私などのような心配家はほっと息をしているのだが、実はまだの問題が残っている。
木綿以前の事 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
あの人は以前売りだったというじゃありませんか。義弟の張飛は、ついこの間まで、汝南の古城に籠って強盗をしていたというし。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
必ずその人に要する雑用(たとえばその人が渇いていれば一杯の水を汲んで来てやる、の紐がとけていれば直してやるというようなこと)
愛と認識との出発 (新字新仮名) / 倉田百三(著)
こう云う気楽な考で、参禅している人もあると思うと、宗助も多少はろいだ。けれども三人が分れ分れに自分のに入る時、宜道が
(新字新仮名) / 夏目漱石(著)
翌る日まで生きてゐた道齋は重い手傷にもせず『敵は河井龍之介、敵は河井龍之介』と言ひ續けて命を落しました。
倫敦、巴里、伯林、紐育、東京は狐兎のとなり、世は終に近づく時も、サハラの沃野にふり上ぐる農の鍬は、夕日にめくであろう。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
若者の履いているは破れ、その足は塵に塗れている。ヨセフには若者の求めているものが水だけでないことがわかっていた。
聖家族 (新字新仮名) / 小山清(著)
友仁はそのままそこへ※伏していた。祈願の人がの音をさしてその側を往来していた。友仁の耳へはその音が遠くの音のように聞えていた。
富貴発跡司志 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
甘藷たなんていふんぢやねえぞ」與吉めた。勘次大豆畑くに主人甘藷畑とそれから途中南瓜畑があつたので、のものよりも自然にそれをつた。
(旧字旧仮名) / 長塚節(著)
平次の築き上げた假説は、これで殆んど完全にがへされたことになります
「馬鹿だなあ。君はなぜ細君や子供をのようにてたのだ。」
成仙 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
木履片足くなした、いと一人が云ふと、を? と一人が聞きした。木履くなして寒いとのものが同じ事を繰り返した。Mは何処にゐるとか聞いた。此所にゐるとか答へた。
それから (新字旧仮名) / 夏目漱石(著)
なんとなく里恋しく、魯智深は墨染の衣に紺の腰帯をむすび、僧鞋を新たにして、ぶらと文殊院から麓道のほうへ降りていった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
は、奢侈の余り多くの騾に金穿かせ、また化粧に腐心して新たに駒産める牝驢五百をい、毎日その乳に浴し、少し日たったものを新乳のものと取り替うる事絶えず。
郊外がドシドシされて、人家や製造場などが建つことである、建つのは構わぬが、ユトリだとか、ろぎだとかいう気分が、くなって、堪まらないほど窮屈になる、たとえやにこくても
菜の花 (新字新仮名) / 小島烏水(著)
秀英はそこへ繍鞋児を出してきた。
断橋奇聞 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
く、君子らざる(五二)して、ぶと。縲紲るにり、(五三)らず。(五四)夫子(五五)感寤し、へり、るなり。
常の衣の上に粗𣑥汗衫を被りたるが、そのの上に縫附けたる檸檬は大いなるへたるなり。肩ととには青菜を結びつけたり。
来るべき時代はこれと同じく現在に於ける恋愛の観念を悉くがへすであらう。現在に於ける恋愛の観念はかの中世紀の健康に対する観念と等しく人生にとつて有害なるものである。
恋愛と道徳 (新字旧仮名) / エレン・ケイ(著)
「ね、そのかはり、今度、タイキの馬蹄をあたしがつくつてやるわ。」
パンアテナイア祭の夢 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)