“粗𣑥”の読み方と例文
読み方割合
あらたへ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
常の衣の上に粗𣑥汗衫を被りたるが、そのの上に縫附けたる檸檬は大いなるへたるなり。肩ととには青菜を結びつけたり。