“掛心持”の読み方と例文
読み方割合
かけごこち100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
案外しつくりと云ふに云はれぬ掛心持があると見えて、そのまゝ彼は今云つたやうな姿勢とぼんやりした考へに落ちこむのである。
医師高間房一氏 (新字旧仮名) / 田畑修一郎(著)