“紀路”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きぢ40.0%
きじ20.0%
きのじ20.0%
きのぢ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
他人のいうことをまことしくおぼして、に遠ざけ給わんには、恨みいん、紀路の山々さばかり高くとも、君が血をもて峰より谷にぎくださん」
蛇性の婬 :雷峰怪蹟 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
紀路にもりず夜を行く雁一つ
俳人蕪村 (新字旧仮名) / 正岡子規(著)
紀路にも下りず夜を行く雁一つ
俳人蕪村 (新字新仮名) / 正岡子規(著)