“紀伊守”の読み方と例文
読み方割合
きいのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大尼君の孫で紀伊守になっている人がこのころ上京していてねて来た。三十くらいできれいな風采をし思い上がった顔つきをしていた。
源氏物語:55 手習 (新字新仮名) / 紫式部(著)
城主の勝入をはじめ、嫡男紀伊守森武蔵守まで、一時に三名の柱が、長久手に戦死して、のこるは、若い三左衛門輝政と、まだ十五歳の長吉だけとなった。
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
紀伊守とお言いになる人が世間話をしておいでになったうちに、私の身の上ではないかとほのかに記憶の呼び返されることがございました。
源氏物語:56 夢の浮橋 (新字新仮名) / 紫式部(著)