“紀州路”の読み方と例文
読み方割合
きしゅうじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
翌日は吉野路を通って、五条橋本など云う処をてそのと云う山の辻堂で一泊し、十日になって紀州路から泉州牛滝と云う処へ越え、それから葛城山へ往った。
神仙河野久 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)