“紀州侯”の読み方と例文
読み方割合
きしゅうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
主翁、わしの腰に何があるか見てくれ、わしも天下の御連枝紀州侯をはんでいるものじゃ、天狗や木精がいると云うて、武士が一度云いだしたことが、退かれるか、お前が恐ければ
山寺の怪 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)