“紀州家”の読み方と例文
読み方割合
きしうけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又徳太郎君には道中もほりなく同年霜月加納將監御供にて江戸麹町紀州家上屋敷へ到着と相成り夫より左京太夫殿家督相續萬端首尾よく相濟せられたり。
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
右の通り御轉任にて八代將軍吉宗公と申上奉つる時に三十三歳なり寶永四年紀州家御相續より十月目にて將軍に任じ給ふ御運目出度君にぞありけるて江戸町々は申すにず東は津輕西は鎭西薩摩潟まで萬歳
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)