“紀州公”の読み方と例文
読み方割合
きしうこう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かんじける正直理非ふして糸筋の別れたるが如くなりしとかや其後正徳六年四月晦日將軍家繼公御多界まし/\有章院殿と號し奉る御繼子是によつて御三家より御養子なり東照宮に御血脉きによつて御三家の内にても尾州公紀州公御兩家御帶座にて則ち紀州公上座り給ふ此君仁義兼徳にまし/\吉宗公と申將軍となり給ふ其後諸侯の心を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)