“紀州邸”の読み方と例文
読み方割合
きしゅうてい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
商人深更赤坂坂を通りかかった。左は紀州邸築地塀、右は。そして、濠の向うは彦根藩邸の森々たる木立で、深更と言い自分の影法師がくなるくらいな物淋しさであった。
(新字新仮名) / 田中貢太郎(著)