“紀念塔”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
きねんたう50.0%
きねんたふ50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
大佐閣下機會です、一件紀念塔てる依頼しては如何でせう。』
けれど、第一に、其樣危險深山如何して紀念塔てるか、外國人かれぬ危險へは、吾等だつてかれぬではいかと、さず一本切込むと、武村兵曹ちつともかない。
大佐閣下鐵車見事出來ましたれば、げでからぐと紀念塔てに出發しては如何でせう、すると晴々しますから。
『やあ、うまい/\、でもよくくわい、もう遲々してはられない。』とつてつて、此時出來上つてつた紀念塔引擔いでた。