“紀念分”の読み方と例文
読み方割合
かたみわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
如何にも殘念に思ひ足摺してみけれども今さら詮術なければ養父の所持したる品々を賣拂ひ諸入用の勘定等をなし又門弟の世話になりたる者へは夫々に紀念分
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)