“紀念金”の読み方と例文
読み方割合
かたみきん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
感心し主人末期に及びお花殿へ紀念金として二百兩預かり居候へば是にて事足ぬには有まじけれど折角の御志操故私し御預り申屹度御屆け申すべし又友次郎樣へも只今の御言葉は私しの存じ寄も同樣に御座候へばりながら御助言申上候はんども私し事は主人より路用として數多の金子を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)