“永久紀念塔”の読み方と例文
読み方割合
えいきゆうきねんたふ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
鐵車が、いよ/\永久紀念塔深山てんがめに、此處出發するのは明朝午前六時つたが、櫻木海軍大佐は、海底戰鬪艇運轉式間近つてるので