“覊旅”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
きりょ57.1%
きりよ28.6%
たびぢ14.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
これからさらに踏み出そうとして、人生覊旅きりょの別れみちに立つ彼半蔵のようなものもある。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
さきありませ)との一句を相聞、覊旅きりょの歌の処々にみうけた気がするし、「われは妹想う、別れきぬれば」の感慨に、ぼくは単純卒直な惜別の哀愁を感ずる。
さようなら (新字新仮名) / 田中英光(著)
東京の人にして東京を去り覊旅きりよ却て家園に勝る樂しみを覺ゆるとは、わが薄倖も亦甚しといはなければならない。
十年振:一名京都紀行 (旧字旧仮名) / 永井荷風(著)
今でこそ衰滅の俤しか残さないが、覊旅きりよの人たちに、古典的の壁画を見つめさせるやうに、すがれた色彩と、暗い陰影を味はせる東海道にあつても、この天竜川は、音に名高い大河であつた、小天竜大天竜は、川筋の変つた今では、その跡をたづねられないが、名だけは古い地理書に残つてゐる、
天竜川 (新字旧仮名) / 小島烏水(著)
聖なる翁曰ふ。汝の覊旅たびぢを全うせんため(願ひと聖なる愛とはこのために我をつかはしゝなりき) 九四—九六
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)