“檜皮葺”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ひわだぶき38.5%
ひはだぶき23.1%
ひわだぶ23.1%
ひはだぶ15.4%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
社は皆檜皮葺、神官も大宮司と称して位も持っており、その下にも神官が数々居て、いずれも一家を構えて住んでいた。
鳴雪自叙伝 (新字新仮名) / 内藤鳴雪(著)
が、幸ひにして、利仁の声は、一同の注意を、その軒の方へ持つて行つた。檜皮葺の軒には、丁度、朝日がさしてゐる。
芋粥 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
下手の背景は松並木と稲村の点綴でふち取られた山科街道。上手には新らしく掘られた空堀、築きがけの土塀、それを越して檜皮葺きの御影堂の棟が見える。
取返し物語 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
六の宮へ行つて見ると、昔あつた四足の門も、檜皮葺きの寝殿やも、今はなくなつてゐた。その中に唯残つてゐるのは、崩れ残りの築土だけだつた。
六の宮の姫君 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)