“ころも”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:コロモ
語句割合
48.8%
法衣45.4%
僧衣1.5%
挙母1.5%
衣装0.3%
衣服0.3%
0.3%
直綴0.3%
粉衣0.3%
0.3%
被物0.3%
襤褸0.3%
許呂母0.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
不幸で沈んだと名乗るはないけれども、孝心なと聞けばしい流れの花の、旅のに立ったのが、しがらみかかる部屋の入口。
縁結び (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「ただ、秋草が、河原に咲いています。——三位殿は、老花を咲かせました」範宴は、法衣から数珠を取りだして、指にかけた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
げにその中には害を恐れ牧者に近く身を置くものあり、されど少許の布にてかれらの僧衣を造るに足るほどその數少し 一三〇—一三二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
参河国加茂郡挙母に福尾荘右衛門と云ふものがあつた。其妻奥平氏が一子曾七郎を生んだ。
伊沢蘭軒 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
その翌朝、赤い衣装を着た少女が悲しさうな顔をして花園に立ちました、そして一夜のうちに散つてしまつた花園の牡丹をながめながら
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
その上に、唖娘が野原でお友達になつた緋の衣装をきた少女が、この牡丹園の主であつたのです。
小熊秀雄全集-14:童話集 (新字旧仮名) / 小熊秀雄(著)
8 海の水流れで、胎内より湧き出でし時誰が戸をてこれを閉じこめたりしや、9 かの時我れ雲をもてこれを衣服となし、黒暗をもてこれが襁褓となし
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
◯続いて十四節はいう「地は変りて土に印したる如くになり、諸々の物はわしき衣服の如くにわる」
ヨブ記講演 (新字新仮名) / 内村鑑三(著)
臣は今日出家して、陛下の為めに功徳はむとふ。天皇したまふ。即日出家してたまふ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
木蘭色直綴を着ているが、紅い蹴出しなどをしていないところを見ると、ころび比丘尼ではなく、尼寺にいたものらしく思われる。
顎十郎捕物帳:03 都鳥 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
控へたりし人の出でざるはあらざらんやうに、往来の常よりなる午前十一時といふ頃、み勝に疲れたる車夫は、泥の粉衣掛けたる車輪を可悩しげにして、黒綾吾妻コオト着て
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
その時いづくよりとも知らず、をまとうた学匠が、忽然と姿をいて、やさしげに問ひかけたは
きりしとほろ上人伝 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
諸子はただしばし肉の被物に包まれて、より進歩せる霊的生活に対する準備を為すべく、地上に現れたる魂なのである。
魚は舳にとんでコロンブスの襤褸を飾つた。
(新字旧仮名) / 仲村渠(著)
次にオホナカツ彦の命は、山邊の別・三枝の別・稻木の別・阿太の別・尾張の國の三野の別・吉備の石无の別・許呂母の別・高巣鹿の別・飛鳥の君・牟禮の別等の祖先です。