“うわぎ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
上衣67.8%
上着21.3%
3.0%
上服1.5%
上被1.0%
上著1.0%
外衣1.0%
袍衣0.5%
外被0.5%
0.5%
衣被0.5%
表着0.5%
袗衣0.5%
袿袴0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
五つ上衣青海波に色鳥の美しい彩色を置いたのを着て、又その上には薄萌黄地に濃緑の玉藻をぬい出した唐衣をかさねていた。
玉藻の前 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)
正二くんは、みんなが上着のそでをちょっとまくって時計るときのようすが、についていてうらやましくなりました。
正二くんの時計 (新字新仮名) / 小川未明(著)
天子さまはたいそう頼政手柄をおほめになって、獅子王というりっぱなに、お一重えて、頼政におやりになりました。
(新字新仮名) / 楠山正雄(著)
井戸端に出ると汗はダラダラと全身に流れて小倉上服はさも水に浸したようである。彼はホット溜息らすと夏の夜風は軽く赤熱せる彼が顔をめた。彼の足は進まなかった。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
長野は、赤い組長マークのついた菜葉服の上被を、そばの朝顔のからんだ垣にひっかけて、靴ばきのままだが、この家の主人である深水は、あたらしいゆあがりをきて、あぐらをかいている。
白い道 (新字新仮名) / 徳永直(著)
外衣裏衣も、雨や、風や、岩角に破られてしまって、二人ともホントのヤバン人のように裸体になってしまいましたが、それでも朝と晩には、キット二人で、あの神様の足凳の崖に登って
瓶詰地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
店の看板女房は、厚化粧して、緑紗袍衣に、真紅を着け、ブ毛の光る腕首には、黄金の腕輪をめたりなどしているジプシーのような女だった。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
身装黒紗袍衣に白絹の帯を横結びに垂れ、そして、頭にも手にも白い繃帯をまいていた。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
其一人の外被青白赤三色の線ある徽章たるはでもき警察官にして今一人は予審判事ならん、判事より少し離れたる所に、卓子に向い何事をか書認めつゝ有るはに判事の書記生なり
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
彼の男は承知して、をぬいでの上にかけ、物を怨むような所作をしていった。
偸桃 (新字新仮名) / 蒲 松齢(著)
白い衣の上にやはり白い衣被を著て、古文字のような物を書いた木簡を読んだ、読み終るとそれを石の下に置いて、今度は剣を舞わして身を躍らしたが、も電光のようであった
美女を盗む鬼神 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
紅梅なのか、濃い色とい色をたくさん重ねて着たのがはなやかで、着物の裾は草紙の重なった端のように見えた。桜の色の厚織物の細長らしいものを表着にしていた。
源氏物語:34 若菜(上) (新字新仮名) / 紫式部(著)
うす寒げな白の袗衣に、紅羅裙子を曳き、白粉痩せは、その頬に見えるだけでなく、肩にも弱々しげながある。
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「二郎さん、見てよ。これ、いつかあなたにいただいた緞子で仕立てた袿袴なのよ。どう似合うこと?」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)