“黒綾”の読み方と例文
読み方割合
くろあや100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
片隅外套を脱捨つれば、彼は黒綾のモオニングのからぬに、濃納戸地黒縞穿袴なるを着けて、ならぬ護謨のカラ、カフ、鼠色紋繻子頸飾したり。
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
床の上に薔薇にうめられて、銀の足を持って黒綾が置いてありました。しかしてその棺の中には、頭に婚礼のかんむりを着けたわかいむすめがねかしてありました。
五十余りと見ゆる肥満の紳士は、洋装して、金頭のステッキを持ち、二十ばかりの淑女は黒綾洋傘をかざし、そのあとより五十あまりのらしきが信玄袋をさげて従いたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)