“ローブ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
僧衣33.3%
33.3%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
労働士の間は薄褐色カルメリトの粗羅紗の僧衣ローブに縄の帯をしめ、修練士になると、白の僧衣ローブ頭巾キャプションのついた長い油屋さんのような肩衣スキップレールをかけて黒い僧帯シングリュームをしめる。
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
今いったように、ベルナアルさんはもう一歩で白僧衣ペール・ブランになるところだったので、白い僧衣ローブを着、大きな木靴サボを穿き、手に祈祷書を持って丘の斜面スロープや落葉松の林の中を眼を伏せて敬虔なようすで歩いていた。
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)
地球においても動物体においても、内部的には、それは湿しめった厚いローブ lobe ——この言葉は特に肝臓や肺や脂肪の葉にあてはまるものである
……ねえ、あなた、ベルナアルさんは立派な白衣僧ペール・ブランになったのでしょうね? 真白いローブを着て、橄欖オリーブの実の数珠を持って歩いていられるのでございましょうね?
葡萄蔓の束 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)