怪異黒姫おろしかいいくろひめおろし
熊!熊!荒熊。それが人に化けたような乱髪、髯面、毛むくじゃらの手、扮装は黒紋付の垢染みたのに裁付袴。背中から腋の下へ斜に、渋段々染の風呂敷包を結び負いにして、朱鞘の大小ぶっ込みの他に、鉄扇まで腰に差した。諸国武者修業の豪傑とは誰の眼にも見え …
作品に特徴的な語句
湧出わきいず 赫々かっかっ づら がっ はま 拘泥かかわら 由緒ゆかり いかめ 時機おり 地震ない 眼眩まぶ ひそ はず はず うぬ 露骨あらわ 砂塵すなぼこり わらわ くう 愛女あいじょ 翌日あす 燈火ともしび 高田たかだ きれ 片木かたき 物怯ものおじ きずつ 青嵐あおあらし ひま 一人いちにん 痛痒いたがゆ うめ 諦悟あきらめ 見顕みあらわ たえ 擦付こすりつ まか 孵化かえ ずつ 宿しゅく 山下さんか ろう おい 御寝ぎょしん 怨恨うらみ 怠緩もどか 良人おっと たま 現世このよ 由縁ゆかり 男子おとこ 留度とめど あと しび しゃく 白紗はくしゃ 白髯はくぜん 皹入ひびい 盲目めくら 相模さがみ 磔刑はりつけ 礫刑はりつけ 神代かみよ ほこら 秀康ひでやす 秀忠ひでただ 秀頼ひでより 空惚そらとぼ 笞刑ちけい 笹尾ささお 紅絹もみ 結城ゆうき 絶入たえい 道標みちしるべ 鎌遣かまつか 鋲打びょううち 釘貫くぎぬき 金山かなやま 野尻のじり うつ 躊躇ちゅうちょ 豊後ぶんご 越後えちご 越路こしじ 闕所けっしょ 追腹おいばら