“白紗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
はくしゃ60.0%
しろしゃ20.0%
はくさ20.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのまん中に撩乱として白紗よりもより膜性の、幾十筋の皺がなよなよとれつ縺れつゆらめき出た。ゆらめき離れてはまた開く。
金魚撩乱 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
と、彼らが、朝の伺候に、魚見堂の内へって来ると、尊氏はすでに、暗いうちから外の幕舎に出ているという。行ってみると、彼は、うすい白紗をかけた正成の首の台といあって、黙想していた。
私本太平記:12 湊川帖 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
白紗のとばりに夢のなかをゆく夢のまた夢のような気持ちになる。
少年連盟 (新字新仮名) / 佐藤紅緑(著)